ドゥアイネットのプログラマー、湯川が開発日記を綴ります。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ios9端末へのAdHocインストール
確認用のAdHocを作成してネット経由でインストールできるように準備して
iOS9の端末にインストールしようとしたところインストールできませんでした。

iOS8端末にはこれまで通りインストールできます。
OSバージョンアップのたびになにかあります。。

調べたところplist内容を修正すればうまくいくとのことでした。
以下の内容にあわせて記述します。

display-image」と「full-size-image」にインストール中に表示するアイコン画像を指定します。
 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
    <key>items</key>
    <array>
        <dict>
            <key>assets</key>
            <array>
                <dict>
                    <key>kind</key>
                    <string>software-package</string>
                    <key>url</key>
                    <string>https://www.xxxxxxxxxx/test.ipa</string>
                </dict>
                <dict>
                    <key>kind</key>
                    <string>display-image</string>
                    <key>url</key>
                    <string>https://www.xxxxxxxxxx/icon-57.png</string>
                </dict>
                <dict>
                    <key>kind</key>
                    <string>full-size-image</string>
                    <key>url</key>
                    <string>https://www.xxxxxxxxxx/icon-512.png</string>
                </dict>
            </array>
            <key>metadata</key>
            <dict>
                <key>bundle-identifier</key>
                <string>jp.co.xxxxxxxxxxx</string>
                <key>bundle-version</key>
                <string>1.0.0</string>
                <key>kind</key>
                <string>software</string>
                <key>title</key>
                <string>test</string>
            </dict>
        </dict>
    </array>
</dict>
</plist>

これでインストールできました、が、今度は実行できません。。
「デベロッパーを信頼していないので実行できません」といったメッセージが表示されます。

これを解決するには
設定 > 一般 > プロファイルでデベロッパーをタップして「信頼」します。

これでようやくAdHocインストール&実行できました。


 
| iPhone・iPad | 18:24 | comments(0) | - |
cocoapodsでのエラー
cocoapodsを使っているのですが、Xcode7をインストールしてからエラーになるようになってしまいました。

便利ツールなのでなんとか使いたいと思いしらべたところ以下の情報がありました。

Xcodeのコマンドラインツールの指定を6.4にしてやればいいようです。



最後のコンボボックスの「Command Line Tools」のところです。
これを設定することで問題なくpod installできるようになりました!!
 
| iPhone・iPad | 19:21 | comments(0) | - |
音声ファイル編集ツール
最近ではUnityを使ったちょっとしたゲームアプリ開発も行うようになったので、
音声ファイルをあつかう機会も増えました。
だいたいの場合が提供された音声ファイルをそのまま使うのですが、
開発していく中で音声ファイルをちょっと短くしたり、無駄な部分をカットしたりすることがあります。

そのときに使うのが「Audacity」です。


編集といろいろな形式への書き出しに対応していて便利です。


操作も見た感じでなんとなくわかります。
ドラック&ドロップで選択してその部分を消すのも簡単です。

このツールのおかげでけっこう時間短縮になっています。

 
| mac | 16:48 | comments(0) | - |
FTPクライアント
最近、VMWareで動かしているwindowsが重いのでmacで使えるFTPソフトをさがしました。

windowsにはさまざまなFTPソフトがあるのですが、macは意外と少ないです。

まず、FireFoxのプラグインFireFtpを試しました。
私の環境では、使用できはするのですが、
接続がつながったり切れたりで不安定でした。

次に試したのが「Rbrowser」です。
これは、有償なのですがFTP機能だけの使用であれば無償で使えるものです。
若干、見た目が古いですが機能的には充分使えました!



しばらくこれを使おうと思います。
| mac | 14:05 | comments(0) | - |
Windows7の再起動
Windows7でドキュメント作成を行っていたら、いきなり再起動となってしまい編集した分が消えてしまいした。

それほど大きな編集ではなかったので、もう一度同じ編集をしていると、また再起動。。
調べてみるとWindows7、8では、確認メッセージなしで、Windows Updateの再起動が始まるようになっているようです。

これでは、困るので自分のタイミングでWindows Updateの再起動ができるようにする方法を調べました。

以下のページに紹介されている方法で設定できました。

http://windows7faq.net/50/cat171/


上の画像で、ひとつだけ有効になっている「スケジュールされた更新で、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない」を設定します。

VMWareで動作させているWindows7で、
滅多に長時間作業することがなかったので更新がたまっていたんだと思います。
| プログラマ雑感 | 11:04 | comments(0) | - |
<< | 2/146PAGES | >>