ドゥアイネットのプログラマー、湯川が開発日記を綴ります。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 埋め込みフォント | main | Mac購入 >>
FlashLite2.0でのXML解析
FlashLite2.0からXMLを読み込めるようになっています。

こんな感じで、PHPへパラメータをPOSTして動的なXMLを読むこともできます。

var email:LoadVars = new LoadVars();
email.emailFrom = emailFrom_txt.text;
email.emailTo = emailTo_txt.text;
email.emailSubject = emailSubject_txt.text;
email.emailBody = emailBody_txt.text;
email.sendAndLoad("phpへのパス", emailResponse, "POST");


ただ、読み込んだ後の値をとるときが、xml.firstNode.nodeValue・・・と
どこを参照しているのかがわかりにくいです。

ちょっと検索してみたら「XpathAPI」がみつかりました。

「XpathAPI」をつかえば、読み込んだXMLの参照も簡単です。

FlashLite1.1と2.0ではつくりやすさが全然違いますね。
| flashlite | 09:07 | comments(0) | - |
コメント
コメントする