ドゥアイネットのプログラマー、湯川が開発日記を綴ります。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ズーム | main | Google Maps API Flash >>
Mysqlでテーブル構造が変更された時間
Mysqlでテーブル構造が変更された時間を取得できないかと調べてみました。
とりあえず、「show table status」を使うと、テーブルの情報は取得できます。

show table status from DB名 like 'テーブル名';

この結果に「Create_time」と「Update_time」があります。

「Update_time」かなと思ったら、テーブルデータが更新された日時でした。
「Create_time」は当然、テーブルが作成された日付です。

テーブル構造を「Alter文」で変更して、再度「show table status」してみたら
「Create_time」が更新されていました。
これでよさそうですが、「Create_time」は、テーブルが作成された日付としか
ネット上でも書かれていません。

なんとか裏づけがほしいと思って調べました。
「Alter文」のところを見てみたら、このような記述がありました。
「ほとんどの場合、 ALTER TABLE は元テーブルのテンポラリ コピーを作成する事で起動します。そのコピー上で変更が行われ、その後元テーブルが削除されて新しいテーブルがリネームされます。」
なので、Alterが実行されたら、テーブルは新しくなっているようです。

これでテーブル構造が変更された時間がとれそうです。
| Mysql | 18:20 | comments(0) | - |
コメント
コメントする