ドゥアイネットのプログラマー、湯川が開発日記を綴ります。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 今年の花粉 | main | 積み重ね >>
basic認証設定
 basic認証の設定を行ったので、次回のためにまとめておきます。

1.パスワードファイルの作成
 htpasswdコマンドで認証に使用するユーザーID・パスワードを設定します。

 htpasswd [オプション] [パスワードファイル] [ユーザ名] [パスワード]

 例 testユーザのベーシック認証パスワードを設定します。
 htpasswd -cb .htpasswd test testpasswd
   「.htpasswd」という名称が一般的なようです。

2.「.htaccess」ファイルの作成
 basic認証を設定するディレクトリに「.htaccess」を作成します。
 内容は以下になります。

AuthUserFile /usr/local/apache2/testdir/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Please enter your username and password"
AuthType Basic
require valid-user

1行目・・パスワードファイルのフルパスを記述します。
2行目・・今回は使用しなかったので調べていません。
3行目・・ID・パスワード入力表示のメッセージです。
4行目・・Basicでベーシック認証を指定します。
5行目・・ユーザーを指定しない場合は「require valid-user」で
     指定する場合は「require user ユーザー名」となります。

アクセスしてみて、以下のようなダイアログがでれば設定OKです。
画像
「.htaccess」に記述ミスがあるとダイアログは表示されず500エラーになります。

| linuxコマンド | 11:40 | comments(0) | - |
コメント
コメントする