ドゥアイネットのプログラマー、湯川が開発日記を綴ります。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< クラス名の取得 | main | 開発について >>
【Fireworks】ボタンの作成
私は、ほとんどの場合Fireworksを使用してデザイン作業を行っています。
そのFireworksには、システムやwebページのデザインを行ううえで便利な機能をがいくつか備わっています。
その中の一つが、ボタンの作成です。

ボタンのデザインは、通常時のボタンとともに、ロールオーバー時やダウン時などのデザインもおこなう必要があります。(そうでない場合もありますが)

 

↑こういった感じですね。

通常時のボタンを作成した際にシンボル化することで、簡単にこれらを作成することができます。
シンボル化は、ボタンを選択して右クリックで行います。
シンボルの種類は「ボタン」です。

できたシンボルをダブルクリックすると、ウィンドウの表示が変わります。
下のプロパティにステートという項目があり、この内容がボタンの状態を表しています。
アップはボタンの上にマウスがない状態(通常時)、オーバーはロールオーバー時などです。

はじめはアップのボタンしか表示されておらず、他の状態を選択するとボタンはなくなります。
そのかわり「アップのグラフィックをコピー」というボタンが現れるので、それをクリックすると、アップと同様のボタンが表示されます。
そこで色を調節して、通常時以外のボタンを作成します。

必要な状態のボタンを全て作成したら、キャンバス内のシンボル以外の部分をダブルクリックしてウィンドウを戻します。

このシンボルを「ファイル→書き出し」から書き出すと、通常時だけでなく作成した他の状態のボタンも一緒に書き出してくれます。
一つ一つ作成するよりもはるかに効率的ですね。

これはごく最近発見した機能でした。
もっと早く見つけていれば・・という思いもありますが;
こういった機能を使いこなせると、なんとなくプロっぽいですね。


※上記で紹介した内容は、FireworksCS4での方法です。他のバージョンだと操作が少し変わってくると思います。
| デザイン | 18:54 | comments(0) | - |
コメント
コメントする