ドゥアイネットのプログラマー、湯川が開発日記を綴ります。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< cron設定 | main | AIRでローカルプログラム実行 >>
setInterval
 flash liteでクイズを作成していて、
回答後に○×を表示したあと、
次の問題に行く前にちょっと間をあけるようにできないかと調べました。

setIntervalというのが使えました。

これは指定した間隔で関数などの処理を繰り返すものでした。

以下のようにすると、1秒ごとに繰り返してfunctionを実行してくれます。

  setInterval(
    function ()
    {
      //ここに処理
    }
    ,1000
  );

このままでは処理を繰り返してしまうので以下のようにしました。

  var intervalID:Number =
    setInterval(
      function ()
      {
        //clearIntervalで繰り返しを終わる
        clearInterval(intervalID);
        //ここに処理
      }
      ,1000
    );
    
こうすると1秒後に処理を実行してくれます。

これで間をあけることができました。もうちょっといい方法はないんですかね。
| flashlite | 17:25 | comments(0) | - |
コメント
コメントする