ドゥアイネットのプログラマー、湯川が開発日記を綴ります。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< iPad/iPhoneアプリにおけるデザイン | main | xauthの申請 >>
twitter-actionscript-apiのクラス
ライブラリtwitter-actionscript-apiでいろいろを試してみました。

内容をまとめておきます。

LoadListMemberships・・・ユーザーが所属しているリストを取得。
引数はユーザーID

LoadListMembers・・・リストのメンバーを取得。
引数はリスト作成者のユーザーIDとリストID
(LoadListMembershipsなどでリストを取得したら、作成者のユーザーIDとリストIDがとれるのでそれを使います)

LoadListStatuses・・・リストのつぶやきを取得。
引数はリスト作成者のユーザーIDとリストID

LoadUserTimeline・・・指定したユーザーのタイムラインを取得。
引数はユーザーID

UpdateStatus・・・つぶやく。
引数はつぶやくテキスト


まだまだ、ライブラリにはクラスがあるのですが、
これだけ使えればとりあえず大丈夫かなと思います。
| Flex | 16:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする