ドゥアイネットのプログラマー、湯川が開発日記を綴ります。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< twitter-actionscript-api | main | iPad/iPhoneアプリにおけるデザイン >>
Tweenerの「onComplete」
 Tweenerを使ってアニメーション処理をする場合、
アニメーションが終わったときに、別の処理をさらに行う処理を作りました。

アニメーション終了後に行う処理は「onComplete」でfunctionを指定します。
そのfunctionに引数を渡したい場合は、「onCompleteParams」にセットします。

以下の例ではアニメーションでY座標を移動した後、X座標をセットしています。

var v_toY:int = 5;
var v_toX:int = 5;

for each (var v_box:VBox in v_boxArray) {
  Tweener.addTween
  (
    v_box,
    {
      y:v_toY, time:0.3,
      //引数が一つでも配列でセットします。
      onCompleteParams:[v_box,v_toX],
      //終了後の関数を指定します。
      onComplete:
      function(p_box:VBox,p_toX:int):void
      {
        p_box.x = p_toX;
      }
    }
  );
 
  v_toY += 10;
  v_toX += 5;
 
}
| Flex | 10:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする