ドゥアイネットのプログラマー、湯川が開発日記を綴ります。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< Imageコンポーネントにフォーカスセット | main | viエディッタ2 >>
配色の考え方
 配色には、以下の二つの考え方があるそうです。

アナロジー・カラーコーディネート
全体的なまとまり感を目的とした配色方法。
同系色や類似色、似通ったトーンの組み合わせでまとめる。
統一感があり、穏やかで大人しい。
変化がなく面白みにかけるという一面も。

コントラスト・カラーコーディネート
変化やきわだちを特色とする配色方法。
反対色や補色、対照的なトーンの組み合わせでまとめる。
すっきりとしてクリアな感じ。
パワフルでインパクトがある。

ちなみに、補色というのは色相環で正反対に位置する関係の色の組み合わせのことです。

↓色相環




たとえば、青と黄色、赤と緑、紫と黄緑 ・・・ などです。

青のベースにアクセントとして黄色(オレンジ)などの組み合わせは、WEB上でもよく見かける気がしますね。
反対に、赤とオレンジ、青と緑・・・などは、同系色や類似色の組み合わせということになります。

見る人にどんなイメージを伝えたいかで、配色の仕方も大きく変わってくるのだと思います。
「なんとなく」で色を組み合わせるのではなく、根拠を持ってコーディネートしていく必要がありますね。
| デザイン | 12:12 | comments(0) | - |
コメント
コメントする