ドゥアイネットのプログラマー、湯川が開発日記を綴ります。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< テキストの高さ 「textHeight」 | main | 便利な機能を使うと >>
ガベージコレクション
プログラムが動的に確保したメモリ領域のうち、不要になった領域を自動的に解放する機能です。
日本語にすると「ゴミ収集」だそうです。

Flexなどでは、コードで明示的に行うことはできませんが、
Curlではコードで実行することができます。

「CURL.RUNTIME.MEMORY-MANAGER」をインポートして。
{garbage-collect}と記述するだけで、
ガベージコレクションが実行されます。

システムをある程度動かしてから、
{garbage-collect}実行前と、実行後のメモリ消費量を比較したところ
確かに実行後は減っていました。

{garbage-collect}を実行しなくても
いつかは、自動で行われるのですが自分で呼び出せるのは良いと思います。

机の中の資料も自動でガベージコレクションされてくれたらいいなと思います。
| Curl | 18:42 | comments(0) | - |
コメント
コメントする